メンズ

査定額を左右する付属品の存在【いらないお酒は買取店に売ろう】

不用品をお金に換える方法

日本酒

酒の買取は、高値が付く条件を出来る限り満たすようにすることが大切であると言えます。保存状態が良いうちに売るということは、酒の劣化のリスクを最小限にして良い値段で買い取ってもらえる条件の一つになります。

この記事を読む

不要な品を現金化しよう

ボトルとグラス

ありがちなインテリア

自宅の飾り棚などにインテリアの一部として、プレゼントや贈答品などで受け取ったワインやブランデー、ウイスキーなどの高級酒を飾っている人は少なくないでしょう。こういった品が普段意識に止めることがないもののいつの間にかあり、またいつまでもあるなどといったことは珍しくはないのです。そんなありがちなインテリアに特にこだわりがないのなら、買取業者に売却して現金化してみてはいかがでしょうか。栓を開けていない高級酒であれば大抵の銘柄には値段が付く物であり、また年代物や限定品などであった場合には、数万円から数十万円といった価格での買取をしてもらうことができるのも珍しくはありません。思わぬ高額に化けることで人気なのが、お酒の買取なのです。

付属品もセットで査定

お酒の買取査定を受ける際のポイントとしては、先にも挙げたように栓を開けてはいけないこと、また付属品などが一通り揃っていることで、査定金額がアップしやすくなっていることなどを挙げることができます。瓶に付いているラベルに色褪せや汚れなどがなく、また高級酒には付き物である外箱の状態が良好であることで、査定金額が寄り高額になることが期待できるのです。近年は、買取を希望するそれぞれの銘柄の販売価格をインターネットで簡単に調べることができるため、そこからおおよその買取価格を逆算することも可能になっています。納得できる査定の金額を提示してもらえたのかを判断するためにも、事前に下調べをしておくのもオススメになっています。査定額を左右する付属品の存在は重要となるでしょう。

持て余しているなら売却を

コップ

お酒を買取にだすときに気をつけたいことは、賞味期限のあるお酒であれば賞味期限が切れていないかどうかをチェックして持ち込みましょう。また、専門に買取を行っているので一般のリサイクルショップや質屋よりも良い値段がつきやすいのでお勧めです。

この記事を読む

価格には10倍以上の差が

ワインとグラス

お酒の買取を依頼するなら、コルク栓が傷んでいるものや、変色しているものは買取不可の場合がありますから、品質劣化には注意してください。洋酒類は賞味期限がないものが多く、長期保存できるため、飲まずに眠らせてるご家庭も多いものです。これを買取してくれる業者が最近増えたので、臨時収入が期待できるのです。

この記事を読む